テーマ3「フィールド系教育の改善・充実」 平成26年度第4回サブグループ1会議 と合宿授業

 2014年8月10日(日)〜12日(日)にテーマ3「フィールド系教育の改善・充実」サブグループ1「地域産業界等との連携を重視した実践的教育プログラムの開発」における,平成26年度第4回サブグループ1会議及び合宿授業が徳島市の四国大学交流プラザで開催されました。

 8月10日(日)は台風のため,初日のスケジュールが短縮になりましたが,産業界からの委員2名,サブグループ1取組の5大学や他大学からの参加があり,学生と教員を合わせ31名が参加しました。 

 この夏合宿形式モデル授業は,「新卒人材に求められる能力」を意識しており,「グルーバル化社会で正解のない課題に立ち向かい,活躍できる人材」を目的としました。それには,@初対面の他大学生同士がPBL型授業を短期間で取り組むことで,「社会規範」「就業姿勢」「組織行動」「課題解決」「知識・技能」の5種類(全15項目)の力を伸ばすこと,Aグローバル化する経済下で,各国の状況やニーズに合わせた販売戦略,コア・コンピタンス,実践的事例等を学習・経験することで,学生達の視野を広げ,社会で活躍できる力を身に付けられること、が求められます。それを実現するには,@グローバル素養,Aコミュニケーション能力,B企画力(発想力・仮説思考力・構想力),Cリーダーシップ,D主体的行動力,Eチャレンジ精神,Fチームワーク力――の7つを学生達が育成・涵養できることが必要であり,その達成具合を知るにはルーブリックが有効となり,モデル授業の内容次第で大きな結果が得られるため,モデル授業をPBL型授業としました。

 
copyright(c) 2012 cyugokushikokuchiki jinzai ikuseijigyou portal All rights reserved.