テーマ1「キャリア系授業科目の改善・充実」 第3テーマ1分科会(モデル授業)

 2014年9月3日(水)から5(金)にテーマ1「キャリア系授業科目の改善・充実」のテーマ1分科会(モデル授業)が,島根県出雲市のサンレイクで開催されました。

 この合宿型の授業は「産学協働キャリア系モデル授業」として,テーマ1取組の5大学から学生と教員を合わせ27名が参加しました。留学生や社会人が参加することで異文化・異世代コミュニケーションを経験し,反転授業やアクティヴ・ラーニング等を取り入れ,学生の主体性が発揮される形態を取り入れました。

 初日には,「社会人に求められる力とは何か」について,学生と社会人との間で意見交換を行いました。2日目には,異文化やグローバル人材に焦点を当て,産業界や大学教員からの講義を受け,グループワークを中心に理解を深めていきました。最終日には,「自国または自地域の良さ」についてグループによるプレゼンテーションを行い,異文化理解の促進やコミュニケーション力,プレゼンテーション力の向上を図りました。
 本モデル授業の効果を測定するものとして,ルーブリックを授業の前後に実施し,その効果を検証した結果,異文化・異世代理解,プレゼンテーション,グループ活動といったすべての力の向上が見られました。

 初日は緊張で硬い面持だった学生たちも,夕食のBBQやグループでのプレゼンなどおこない,日を追うごとに学生たちの一体感や協調性も増し,最終日は別れがたい学生等でいっぱいでした。

授業の様子 班別の発表 サンレイク前で
copyright(c) 2012 cyugokushikokuchiki jinzai ikuseijigyou portal All rights reserved.