第2回大学グループ会議

 2015年10月27日(火)午前に広島国際会議場にて,連携校12校で大学グループ会議を開催し,以下のとおり審議が行われました。

(1)平成27年度中国・四国圏域インターンシップ等推進組織運営委員会及びフォーラムの開催について
(2)平成27年度中国・四国圏域での広域インターンシップ(春季)の実施について
(3)平成27年度各圏域における検討事項について
(4)事業終了後の取組みについて

 最後に,島根大学荒瀬理事(教育・学生支援担当副学長)より,日本学生支援機構による取組状況のヒアリングについて報告があり,島根大学キャリアセンター本田講師より,平成27年度インターンシップ(夏季)の実施状況及び平成27年度中国・四国圏域広域インターンシップ(夏季)の実施状況ついての説明,報告がありました。

  平成27年度社会人基礎力育成研修会/中国・国圏域インターンシップフォーラム

 2015年10月27日(火)午後より広島国際会議場にて,平成27年度社会人基礎力育成研修会/中国・四国圏域インターンシップフォーラムを開催しました。

 本会議は,社会人基礎力を育成するためのインターンシップの質の向上および受け入れ企業の拡大を目指して,中国経済産業局及び中国経済連合会,中国・四国圏域インターンシップ等推進組織運営委員会の共催で行われました。当日は,広島県の企業等の産業界等,大学の教職員を含め85名の参加がありました。

第1部
・「インターンシップの拡大に向けた施策について」文部科学省 高等教育局 専門教育課
・インターンシップ事例紹介(3社)
(株式会社エピット,大旗連合建築設計株式会社,理研産業株式会社)
・広域インターンシップにおける効果と課題 島根大学キャリアセンター本田周二講師
第2部
・グループディスカッション
テーマ「今,求められる人材を育成するためのインターンシッププログラムとは」

 第2部のグループディスカッションでは,島根大学キャリアセンター本田講師をファシリテータ―として12班に分かれ,今の求められる人材として必要な力を社会人基礎力の12能力要素の中から選択し,その力をインターンシップで鍛えていくための具体的なプログラムを議論し,各班代表者から発表を行うことで共有しました。

copyright(c) 2014 cyugokushikokuchiki jinzai ikuseijigyou portal All rights reserved.