取組テーマ別目標・成果等
1.取組テーマと課題
   本事業で取り組む教育改善に向けた課題認識として,@アカデミック・スキルを就業力につなげていくため,キャリア系授業科目をどのように改善・充実させればよいか,A産業界等と大学が学生の成長を共通認識するためには,どのような評価指標を用い,どのようにポートフォリオ等を活用すればよいか,Bインターンシップを中心とした実践・実習型の教育(PBL等)が,真に効果を発揮するためには,どのようなプログラム(内容・方法等)がよいのか。
これらの課題に対応するために次のとおり取組テーマを設定した。
2.取組テーマ
 

(テーマ1) キャリア系授業科目の改善・充実
(テーマ2) 評価・指導方法の改善・充実
(テーマ3) フィールド系教育の改善・充実

 

(サブテーマ)
3-1 地域産業界等との連携を重視した実践的教育プログラムの開発
3-2 産業界のニーズに沿ったインターンシップの強化
3-3 産業界のニーズに対応した自律的な技術者養成プログラムの実施

3.取組テーマの目標等
 
(テーマ1) キャリア系授業科目の改善・充実
【達成目標】
@ キャリア系授業科目へのアクティヴ・ラーニングの導入を促進すること。
A キャリア系授業科目に対する受講生数を増加させ,学生の満足度を向上させること。
B 異文化・異世代コミュニケーション力を育む単元・プログラム等を含むキャリア系授業科目を増加させること。
C キャリア系授業科目で育成すべき力(就業力)を評価するためのルーブリックの開発及び評価を実践すること。
【成果】
アクティヴ・ラーニングを重視したキャリア系授業科目の改善。
異文化・異世代コミュニケーション力を育むキャリア系授業科目の開発。
産業界のニーズを反映したキャリア系授業科目の質保証システムの構築。
 
(テーマ2) 評価・指導方法の改善・充実
【達成目標】
@ 産業界等が求める人材像が大学における教育成果の評価に産業界等のニーズを反映させること。
A ポートフォリオ等の意義について産業界等との共通理解を構築すること。
B 学生によるポートフォリオ等の主体的活用が促進されること。
C キャリア・ポートフォリオの活用方策を検討し,普及させる。
【成果】
産業界が求める人材像・要素が評価可能な指標の協働開発。
産業界との共通理解・共通利用が可能なポートフォリオの開発。
学生によるポートフォリオ等の主体的活用の促進。
「キャリア・ポートフォリオ事例集」の作成と活用。
 
(ーマ3) フィールド系教育の改善・充実
 本グループの全体目標は,次のとおりとする。なお,3つのサブグループ(「地域産業界等との連携を重視した実践的教育プログラムの開発」,「産業界のニーズに沿ったインターンシップの強化」,「産業界のニーズに対応した自律的な技術者養成プログラムの実施」)を構成して取組の実効性を高める。
【達成目標】
  早期からの社会・就業体験など実践・実習型の教育プログラムが,業界・業種等のニーズにどう結びついているかを検証し,その改善・充実を図る。
【成果】
大学・学部・学科等のミッションを活かし,関連する産業界等と緊密に協働・連携して実施するインターンシップをはじめとしたフィールド系教育プログラムの改善・充実。
「(上記の改善・充実の取組における)フィールド系教育プログラムの事例集」の作成・配付。
3-1 サブグループ1「地域産業界等との連携を重視した実践的教育プログラムの開発」
【達成目標】
@ 平成25年度末までに「大学間共通教材」の開発を行い,その教材を用いた授業を平成26年度中に行うことで実践的教育プログラムに参加した学生のプログラム内容への満足度を高めること。
A 実践的教育プログラムに参加した学生のプログラム内容と,地域産業界等のニーズ・評価をマッチングさせ,学生の就業力・成長を向上させること。
B 各大学の特色・取組内容で地域産業界等のニーズを満たし,中国・四国地域での就職希望者数を増加させること。
【成果】
地元企業・団体,自治体等と連携した実践的教育科目(例えば,地域協働型授業,課題解決型授業,地元企業人等を講師に迎えた授業等)の開発・実施。
各校の取組内容・成果について相互レビューの実施。
相互レビューのため,(学生の能力等の伸長を測る)共通指標の開発。
連携シンポジウムの開催。
参加大学共通で使える教材の検討・開発。
3-2 サブグループ2「産業界のニーズに沿ったインターンシップの強化」
【達成目標】
@ インターンシップの教育目標・評価基準を定めた緩やかなガイドラインを地域産業界と協同で作成することで,地域産業界の人材育成ニーズを確認し,学生の成長につながるより効果的なインターンシップを提供する。
A 企業向けのインターンシップの手引きを作成し,地域産業界等に配布することで,インターンシップに対する理解を深め,受入企業の拡大につなげる。
B インターンシップ参加学生および受入企業を対象とした共通アンケートを実施することで,学生の知識・技能・態度の変化などインターンシップの実施効果を検証し,事前・事後指導も含めたインターンシップ・プログラムの改善・充実につなげる。
C 他大学のインターンシップ学生の受入(送出し)体制を整えることで(対応可能な一部大学のみ),インターンシップ参加における学生の地域選択の拡大につなげる。
【成果】
インターンシップが,地域の産業界等の人材育成ニーズに沿ったものかどうかの評価。そのために,産業界等の人材育成ニーズを確認し,それに従った学生の能力等の伸長を測る評価指標を作成する。
シンポジウム等を開催し,インターンシップの成果に対する相互レビューの実施。
関連科目,インターンシップ事前・事後指導等の改善充実。
地元出身の連携校の学生を,地元大学のインターンシップに受け入れるなど,大学間のインターンシップ相互乗り入れについての検討・実施。
3-3 サブグループ3「産業界のニーズに対応した自律的な技術者養成プログラムの実施」
【達成目標】
@ 地域企業と連携した,プロジェクト型,実学的技術者養成教育を実施・見直しを行いながら,各大学において4年間の体系化された技術者養成プログラムを構築する。
A 自律的な技術者に要求される能力の共通化についてのガイドラインを作成する。
B 技術者養成教育に係る事項の連携に関するガイドラインを作成する。
【成果】
地元企業と連携した,プロジェクト型,実学的専門教育の実施。取組は各大学で行うが,マネジメント系科目については連携方法を検討する。
技術者として備えておくべき知識・技能の整理(共通化)。
設備の共同利用を始めとする技術者養成教育に係る事項の連携方法に対する覚書作成などの検討。
実務家登録バンクの共通化。
連携シンポジウムの実施。
copyright(c) 2012 cyugokushikokuchiki jinzai ikuseijigyou portal All rights reserved.